スポンサーサイト



一定期間更新がないため広告を表示しています

no.403







紙物を手掛けたサロン「hair by HH」のオープニングパーティーへ。


いろいろな苦労を近くで見ていました。
それでもオープンすることができたのは、
「みなさまのお蔭」と綺麗にまとめるには惜しい。
間違いなく本人のチカラだったと思うし、
すごいパワーだった。
僕もそれに動かされた一人。


本当におめでとう。




植物と髪とお店の未来を願って一言。



DO NOT DRY.  KEEP MOISTURE.

「渇くな。潤い続けろ。」









岐阜県本巣郡北方町高屋伊勢田2丁目82番地










no.402







平日にアイデアを貯め込み、土日に大々的に制作する。

というのが最近の流れ。



今回はフォントを少しこだわってみようかと。

よくあるフォントをペンでトレースして、
それをスキャンして取り入れる。

手書きのクラフト感ほどは欲しくないけど、
既成のフォントほどかっちりさせたくない。

この手書きでしか生まれない微妙な線の歪みが、
適度なユルさを演出してくれる。

だろう。

と思い、とりあえず試してみる。



決戦は水曜日。





no.401







最近のことでも少し。


今月頭に大仕事がひとつ終わり、
一息つく暇なく、次の仕事へ。

ひとつ終わる頃には別の依頼が入ってくる。
そんな感じで2014年からは
今までに無い感じで仕事の依頼が続々と来ています。

ひとつひとつ、新しいことに挑戦する姿勢で、
丁寧に真面目にこなしていきたいと思います。


しかし最近は制作することがルーティンしていて、
たまには気分転換も必要。
ということで
友人に誘われて初のボルダリングジムへ。

ガシガシ上って気分も身体もリフレッシュ!

といいたいところですが、
身体には乳酸が溜まり只今激しい筋肉痛。

とりあえず、
気分だけすっきり。かな。





no.396







今作っているお仕事で、物撮りをした。

カメラはあくまで趣味で、とくに勉強もしてなく、
いつも感覚的に撮ってるんだけど、
この日は、光の入り方などなど
色々と計算しながらの撮影。それでも見よう見真似ですが。


こうやって、
今まで自分がやったことのない技術を取り入れたデザインをすれば、
新しく経験する。技術を知る。学ぶ。次の選択肢が増える。
余裕が生まれる。また次の新しい選択肢に手が出せる。

これの繰り返しが、今、もっとも自分に好ましい。






no.395






髪を切り、部屋の掃除。
12月に入り、mojamadeも追い込みを。


ありがたいことにたくさんの仕事をいただき、
日々忙しくしています。

ただ最近ひとつ。
自分の撒いた種ですが深刻な失敗をしてしまい、
仕事に対する甘さ、緊張感の無さ、
そして力が足りなかったこと、
深く、深く痛感することがありました。

クライアントのお蔭もあり、
痛感から成長へのきっかけを戴けましたが、

もう二度と、
このような内容の仕事はしないと誓いました。

ただ、
力が足りなかったのは、正直、
とても悔しくて悔しくて。
しばらく、どうしたらいいのか考えてみたいと思います。


そんな中でも仕事は進むわけで。
この失敗を教訓にし、
緊張感を持ちながらも楽しく制作していこう、

と思っています。



「休みの日は1時間ぐらいは日を浴びろよ」
という父。

うん。年内はちょっと厳しいかも。








no.393






約2年間続けてきた、お寺の広報誌の仕事が終わりました。



友人に連れられてお寺のお祭りに行ったのがきっかけ。

当時はまだ今よりもmoja madeの活動は多くなく、
経験も少ない中で、お互いにいろいろと勉強しながら制作してきました。

それまでに作ってきたモノとは違い、
「高齢の方にも見やすく、分かりやすい」という条件は、
今までの制作に対するこだわりの
役割とか必要性を、改めて考えるきっかけになりました。


雑談などの多い打ち合わせでもありましたが、
(基本的に僕の打ち合わせは雑談が多い)
ためになるお話も聞け、仏様にもお参りできて。

「仕事をしてお金をもらう」以上のものを戴けた気がします。
「続けることができた」というのも大きな財産。


色んな理由や環境の変化が重なり
今年までとなってしまいましたが、
お互いのステップアップを願う、とても良い終わり方でした。



2年間、ありがとうございました。合掌








no.392







日々の仕事も丁寧に。








no.391






先輩とご飯へ。


次の舞台へ一歩踏み出そうとしている先輩。
いつか自分も迎えるであろう、その決断。

いろいろとお話が聞けました。
応援しています。

そこでやはり痛感するのは自分の無知さ。
何も知らない中で、あーだこーだ言ってることほど
無駄な時間はない。

知識と情報、もっと取り入れないと。
自分のことなんだから。


なんとなく、焦る。
ただ、

流されないようにはしたい。






no.390







そこまでゲーマーではないけど、
FF7だけはなぜかとても深く印象に残っている。

ゲームが3Dになったこと。
いままでの「fantasy」とは異なる、退廃した世界観。
少し大人向けのストーリで、子どもにはすべて理解ができない感じも、
とにかくすべてが刺激的だった。

とくにこのワールドマップのBGMは大好きで、
今でもオーケストラで演奏されるほど、
ゲームのBGMだけでは納まらないくらい、音楽としても完成度が高いと思う。


というのは、当時は分からない。そこに興味がない。

大人になって、いろんなモノコト見て、
好きなものが増えていって、
そこで改めて聞いて、
初めて気付くことができた。


他にもいっぱいあると思う、そういうの。

「好き」なものをみつけるには、
新しいものから探すよりも、
今の自分のまま、
昔に回帰してみると意外とすぐに見つかるかもしれない。


「新しい」を「過去」から発見する。







no.388








人に贈り物をするときは、
何かしらひと手間加えるようにしてる。

このときは包装テープにそれぞれの顔を描いてみた。

渡したときに「おっ!」となって、
その後の1分程度の話題になるくらいで良いんです。


それくらいが丁度いい。それが「ひと手間」