スポンサーサイト



一定期間更新がないため広告を表示しています

<< no.332 | main | no.334 >>
no.333



20,21日は待ちに待った「森道市場」へ、
neshianの出店のお手伝いに。












とても素敵な会場。「秘境ステージ」の名の通り。
2日間、忙しいながらも楽しんでお手伝いさせていただきました。
色々なお客さんにも出会い、お知り合いや顔見知りもちらほら。
他の出店者さんとの交流もあり、大分疲れましたが、とても良い時間でした。


さて、お手伝いは16時まで。
疲労困憊ながらも、目指すはライブステージ。
1日目のトリは「toe」。



鳥肌が終止、その演奏に圧倒され声も出ず、
グッドバイのイントロで涙腺が崩壊。

2日目のトリのmouse on the keysも聴けた。





もう「最高」という言葉でも足りないくらいだった。





「森の上映会」にも参加した。


 
 

「食」の在り方、自然と人との繋がりを、
この映画を見て改めて考えさせられ、
その後に、劇中で調理されているご飯と同じものを食べる。
とても不思議な感覚。
今までの「食べる」という行為が、とても特別なものに感じた。
いかに「幸せ」な行為だったのか。それに気づいたときに、
自然とまた涙が出ていた。




「音」と「人」と「食」
それぞれに対する意識が、
これから少しずつ変わっていく気がする。
大袈裟なようだけど、それくらい色々と衝撃を受けたフェスでした。


幸せです。









スポンサーサイト



COMMENT





Trackback URL
http://mojamade.jugem.jp/trackback/348
TRACKBACK